インク

きれいな事はいい事だ

お久し振りでございます。そうですふじもんです。

長い事投稿をしてこなかった、ふじもんなんです。

 

一つ言い訳をさせてください。

忙しかったんです←オイ

まぁそんな事は置いておきましょう笑

 

そんなこんなで、今回はポケットでも活躍中の新人、EPSONのクリーニングの模様をお見せしたいと思います!

もう季節も冬が訪れ、一年が終わり新しい年が始まりかねないって感じですよね。

きっといろんな職場やご家庭でも、片付けに追われているところかと思います。

そう勿論、我が社でも様々な整理に追われておるのです。データ整理とかデータ整理とかデーt とかです。

そこで、ブログを書くタイミングと時間と場所と体と力とを失った私は、絶好のチャンスと見てクリーニングお披露目会を開く事にしたのです。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

まずは期待の大新人(8ヶ月)のEPSON SureColor S80650です!

久し振りにブログに現れた気がしますねー。ほんとに良い溶剤プリンターです。

 

メインのモニタでメンテナンスを選択して清掃に取り掛かっていきます。

  

両サイドのカバーを開けて中身を奇麗にしていっちゃいます!

普段このカバーを開けるとEPSONに怒られてしまうのですが、今日は特別なのです。

 

これは今回清掃で使用するアイテムたちです。 清掃用スティックに洗浄クリーナーを浸し、要らぬ所に付着したインクを消し去っていくのです。クリーナーもインクも手に着くとあまり宜しくないので手袋は必ず着けて作業します。

 

  

左側はインクを噴出するヘッドの清掃、右側はヘッドキャップ・ワイパーといった、ヘッドをある程度奇麗にしてくれる機構を保つために清掃しますよ。

    うわー汚いですね〜。。。

 

こんな感じで機能的に触れない部分を除いて、プリンター内部を奇麗にしていきます。

奇麗にした後の写真を撮ったのですが、あまりにも奇麗になったかどうか分からなすぎたので皆様の想像にお任せします←

 

最後に、プリンターの電源を落とした後、ヘッドの通り道、用紙のおさえの汚れを奇麗に拭き取っていきます。

 

これでメンテナンス完了です!じっくりやって15分〜20分かかるかなといった所です。

いつでも最適な環境で印刷できるようにするためには欠かせないんですよね・・・いつも怠ってすみません…

 

普段見て頂く事のない部分だったと思うので少しは面白かったかな?と思います。

奇麗って凄い大事な事なので、皆さんも身の回りから何まで奇麗にしていきましょう!笑

ではでは。

 

(ふじもん)

お問い合わせ、サンプル請求等はこちらから

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

透明シートにプリント可能! 白インクプリント!

今回は、お店のウインドウへのディスプレイに最適なプリントのご紹介です。

ウインドウといえば透明ですよね。
ガラスの透過性を活かし、透明シートにプリントをするのですが、通常のCMYK等の色だけでは、当然プリント部分が透けてしまい、今いちデザインが活かせません。
そこで、白インクの登場です。
下地に白インクをひき、その上にCMYK等の色をのせることによりシートの透過性が薄れ、色が映えます。

でもだったらカッティングシートでやればいいんじゃない? と思っちゃいますよね。

そりゃそうです。
私もそう思います。
そう、ベタでOKならカッティングシートで十分です。

この白インクプリントのメリットは、グラデーションを使うことにより、デザインのバリエーションが広がることです。
例えば、白インクのみを使って、白から透明へのグラデーション。
なんだかベタでのデザインよりも優しい感じでいいカンジ↓

 

ウインドウに見立てて、透明板にサンプル製作してみました。
こういうのがお店のウインドウに使われていたら、思わず足を止めて眺めてしまいそうです。
当然このサンプルのサンタさんのように、写真も加工可能です。

白インクを使ってのデザインは、クリスマスも来ますしこれからの時季に良さそうですね。
再剥離機能もあるのでシーズンごとにディスプレイを変えることも可能です。
白でデザインを引き立て、他と違うディスプレイを…いいですね。

インスタスポットにもなるかも~(笑)

 

(まいたけ)

 
 
 

こんなプリンターで幕をプリントしています。

皆様、こんにちは。
山口も梅雨入りをしまして、雨の日が増えたように思います。
この季節になると、ここに置いてある資材(主に紙製)が湿気を含んでしまうので、湿度が高くならないように気を使うようになります。
そして「紙」だけでなく、私の「髪」の方も湿気でうねって大変な事になりますが、今回は髪ではなくプリンターについて少しお話できたらと思います。

現在、クリエイティブポケットの幕はHP-Latex360(私たちは短くラテックスと呼んでいます)という機械でプリントしています。
ラテックスのインクは水性ベースのインクで、インクに含まれる樹脂がヒーターで溶解し、塗膜を形成して顔料の強い定着をキープするので、屋外でラミネート無しの耐候性が3年程度、ラミネート加工をすれば5年程度と高い耐候性を実現しています。
(設置環境や気象条件によって異なりますので、あくまで目安です)
水性ベースのインクですので、有害廃棄物を排出しない環境にやさしい仕様になっており、溶剤特有のにおいも大幅カットされ、ほぼ無臭。
その為、食品を扱う店内、病院や教育施設などデリケー トな環境の屋内でのディスプレーや各種掲示物のプリントに最適です。

インクの特性から、塩ビ粘着フィルムやターポリン、紙、電飾フィルムなどの一般的 な素材はもちろん、薄手のバナーや合成紙など、幅広 い素材にプリントが可能に!
(作業環境にいる私としては、色々なメディアが使用できるので、とても便利になりました。)
さらには6 色、1200 dpi の 高解像度で、文字・イラストから写真、グラデーションの背景まで、細密な画像と広い色域を表現します。
高い表現力と多様なメディアを併せて、様々なシーンにお応えする事ができるようになりました。

…と、ここまで書いてみて、いかにラテックスが優れているか改めて実感してしまいました。
初めて作業をした時、発色のよさと写真の美しさに感動したものです。
擦過性も優れているので、インクが剥げにくく、カットする時や移動する時など扱いやすくなりました。
よい商品をお客様にご提供できるようになったと思います。

ラテックスによる仕上がりなど、少しでも興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。
サンプルをお送りさせていただきます。
どしどしお待ちしております☆

(しめじ)

横断幕・懸垂幕の出力プリンターの相棒、当店のインクたちのご紹介

当店には数台プリンターがありますが、
今回はプリンターで使われているインクたちをご紹介したいと思います。

CMYK+パステルカラーなども含め、8色のものや、6色のもの…
みんなそれぞれ頑張ってくれています。
単色の彼らがお互いに混ざり合い、目的の色となって出てきてくれてる訳ですよ…
すごいですよね。

プリンターやインクカートリッジの中身はどんな風になっているんでしょうか。
インクを混ぜ合わせ、混ざり合い、乾燥させて…
構造まではよく分かりませんが、
データさえ出来れば、プリントして幕や看板がパパッと出来てしまう時代になりました。
その分、短い時間でたくさんの商品が作れるようになったということですね。
プリンターを扱う私たちも自身のクオリティをあげられるように頑張らなければいけません。

一昔前は幕などを作る際には文字やイラストを描く方々が大活躍されていたのですが…
間近でその様子をみれば絶対感動しますよ。筆でひとふり、きれいなラインを描かれます。
まさに職人です。

わしらの頃は…ってのは忌み言葉といいます(?) ので、これくらいで昔話はやめておきますが。

あれ? インクたちの紹介のはずが…