横断幕・懸垂幕でよく使われる書体は?

今回は、横断幕・懸垂幕でよく使われる書体をご紹介します。

①角ゴシック体
 角ゴシック体は、縦と横の線の太さが同じで、角が角くなっています。
 線の太さが太ければより力強く、遠くからでも見えやすいです。
 同様の書体で、線の角が丸い「丸ゴシック体」もあり、
 角ゴシック体に比べてやわらかいイメージとなります。

②毛筆体
 毛筆体は、文字通り筆で描いたような書体です。 
 勢いのある形なので、応援幕のチームスローガンなどによく使われます。

③楷書体
 楷書体は、筆で描いたような形で、日本語の表記によく使われる書体です。
 和風で上品な仕上がりとなります。

④明朝体
 明朝体は、主に教科書などに使われる書体です。
 正統で固いイメージです。
 横の線が細い為、見出し文字としては少し弱いですが、文字数が多い部分に使用できる書体です。

参考になりましたか?

どの書体を使うか、また文字の大きさでイメージがかなり変わってきます。
メリハリをつけて、見る人の印象に残る幕を作りましょう。
その他の書体もそろえていますので、当店におまかせいただいても大丈夫です。

 

(まいたけ)筆者

 

”横断幕・懸垂幕のオーダーメイド”onmouseover=”this.src=

”グラフィックフィルムのオーダーメイド”onmouseover=”this.src=

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。