横断幕・懸垂幕の文字の太さについて

先日、近所のとある施設に懸垂幕が掲げられていました。
これが当店の幕ではないんですよね~ … 残念。

それには何かの競技で入賞されたのでしょう、学校名と生徒さんの名前が書いてありました。

が! 文字が細くてはっきりと見えず、通りすがりでは幕の存在すら気づきにくい状態となっているのです。

せっかくの生徒さんのご活躍が…もったいない。
みんなに知ってもらおうと掲げてあるはずなのに…
通りすがりに”ぱっ”と目に付くように作らなければ、幕の意味をなさないと感じました。

 

下の図は、文字の太さの比較です。
文字の大きさは同じなのに文字の太さを太くしただけで、見栄えが違ってきます。

近くでじっくりと見れる幕なら小さい文字や細い文字でも大丈夫ですが、離れて見る幕なら元気のある文字の方が周知度は高いかと思います。

ご自分でデザインをされる際は、デザイン的な部分もあるでしょうが、文字の太さという点についてもご注意して作られた方がよいかもしれません。

もちろん当店でもデザインからのご依頼承ります!
納期の許す限り、何度でも修正いたします!

 

朝晩が冷えてきました。風邪を引きやすい時期です。
お腹を出して寝ないように皆さまお気を付けくださいませ。では。

(まいたけ)

 
 
 
Pocket

SNSでもご購読できます。